郵政民営化で郵貯がどう変わるのかをお届けします。

郵政民営化でどうなる?ゆうちょ銀行

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2009.11.21 Saturday | - | - |
[ HOMEゆうちょ銀行の保証 > 民営化後の保証は? ]

民営化後の保証は?

< 民営化後の保証は?の記事はココから >
民営化で、郵便貯金についていた、払い戻しなどに関する政府保証はなくなり、
預金者保護する仕組みは、民間の預金と同じになります。

現在の「貯金」は銀行法に基づく「預金」になり、民営化後に預けた預金は、
破たん時の払い戻し保証額は、民間と同じ「元本1000万円とその利息まで」
ということになります。

民営化前に預けた定額貯金や、簡保の旧契約分は、満期まで政府の全額保証が続きますが、
通常貯金は民営化前に預けた分であっても、民営化と同時に政府保証がなくなります。
< 民営化後の保証は?の記事の続きはココから >
< 民営化後の保証は?の記事はココまで >
| カテゴリ : ゆうちょ銀行の保証 | 2007.09.27 Thursday 15:28 | comments(0) | trackbacks(1) |

最新トラックバック
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
郵政民営化 おすすめの本
  
Links to Page
関連キーワード

郵政民営化 ゆうちょ銀行 金利 キャッシング 住宅ローン キャッシュカード クレジットカード

スポンサードリンク