郵政民営化で郵貯がどう変わるのかをお届けします。

郵政民営化でどうなる?ゆうちょ銀行

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2009.11.21 Saturday | - | - |
[ HOMEゆうちょ銀行の手数料 > 郵便為替⇒ゆうちょ銀行為替 ]

郵便為替⇒ゆうちょ銀行為替

< 郵便為替⇒ゆうちょ銀行為替の記事はココから >
今まで郵便為替の10万円未満は200円でしたが、民営化した現在は3万円未満が420円、
3万円以上が630円になってしまいました。なんと倍以上の値上げ!

ん?そんなの関係ない...と思ったそこのあなた!落とし穴に落ちて舌噛みますよ!
雑誌の講読料などを郵便為替で支払ってませんか?雑誌の購読料は数年間分まとめ払いした方が
安いですよね?!

1年払いの場合は良いとしても2・3年払いにしていて3万以上になってませんか?
ぁ!と思ったら確認したほうが良いですよ。3万以上だと手数料が200円⇒630円ですからねぇ。
塵も積もれば何とやら...

まぁ、購読料の値引き分でカバーできる範囲かも知れませんが、それにしても損した気分になるのは私だけ?
< 郵便為替⇒ゆうちょ銀行為替の記事の続きはココから >
< 郵便為替⇒ゆうちょ銀行為替の記事はココまで >
| カテゴリ : ゆうちょ銀行の手数料 | 2007.10.11 Thursday 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2009.11.21 Saturday | - | - |
<< 定額小為替(郵便小為替) | HOME | ゆうちょ銀行の金利リスク調整手段 >>
コメント
コメントする










最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
郵政民営化 おすすめの本
  
Links to Page
関連キーワード

郵政民営化 ゆうちょ銀行 金利 キャッシング 住宅ローン キャッシュカード クレジットカード

スポンサードリンク