郵政民営化で郵貯がどう変わるのかをお届けします。

郵政民営化でどうなる?ゆうちょ銀行

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2009.11.21 Saturday | - | - |
[ HOMEゆうちょ銀行に思うこと > 民営化に伴い思うこと... ]

民営化に伴い思うこと...

< 民営化に伴い思うこと...の記事はココから >
持ち株会社の日本郵政会社(民営化時は国の100%出資)は郵貯銀行株を段階的に
売却していき、2017年9月末までに、持ち株会社が銀行の株式をすべて手放して
「完全民営化」されるという事は以前に書きました。

現時点では何時の時点になるかは不明ですが株式を売却していき持ち株が30%未満になると
経営に関与できなくなるので日本郵政会社は影響力が無くなってしましいます。

外資が投資をして株式会社ゆうちょ銀行の株式をを51%以上握ることになると
ゆうちょ銀行は実質上、外国の銀行になってしまいます。

私感ですが、資産220兆円、日本最大規模のゆうちょ銀行を手放しで外国に売り渡す
ような行為は規制して貰いたい所ですが上場してしまえば株式市場に規制は掛けられませんね。
一般市民には手の届かないところだけに何とかして欲しいものです。
< 民営化に伴い思うこと...の記事の続きはココから >
< 民営化に伴い思うこと...の記事はココまで >
| カテゴリ : ゆうちょ銀行に思うこと | 2007.09.27 Thursday 17:47 | comments(0) | trackbacks(1) |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2009.11.21 Saturday | - | - |
<< 郵便為替について | HOME | ATM送金無料!(ゆうちょ銀行 民営化記念キャンペーン) >>
コメント
コメントする










最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
- by -
管理者の承認待ちトラックバックです。
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
郵政民営化 おすすめの本
  
Links to Page
関連キーワード

郵政民営化 ゆうちょ銀行 金利 キャッシング 住宅ローン キャッシュカード クレジットカード

スポンサードリンク